結ライフコミュニケーション研究所

名称 一般社団法人 結ライフコミュニケーション研究所
目的 当法人は、まろやかなコミュニケーションを深め、人と人のこころの「結」をみのらせることをめざし、その目的に資するため、次の事業を行う。
  1. コミュニケーションに関する調査研究事業
  2. コミュニケーションに関する教育関連事業
  3. コミュニケーションに関連する商品の製作、製造及び販売事業
  4. 前各号に掲げる事業に附帯または関連する事業
設立日 2014年9月1日
役員 理事長 波多野和夫
理事  東川麻里
理事  高橋宜盟
監事  林雄一郎
事務所 251-0012 神奈川県藤沢市村岡東三丁目12番10号
お問い合わせ MAIL: info@yui.fi
TEL: 0466-21-7914
FAX: 0466-21-7996

沿革

2014年9月1日 結ライフコミュニケーション研究所 設立
2015年3月24日 一般社団法人として登記

活動報告

2015年1月11日 八王子言語聴覚士ネットワーク設立10周年記念学術大会 特別講演 松本亜砂子(研究員)
「言葉を失った私が獲得したもの ~文字盤から始めて、コミュニケーションボードを作るまで~」
2015年5月24日 第4回 東京都言語聴覚士会学術集会 特別企画 高橋宜盟
「STのための便利なiPad」
2015年6月7日 一般社団法人 ITヘルスケア学会 第9回年次学術大会&モバイルヘルスシンポジウム2015 演題発表 高橋宜盟
「障害・病気・普通・特別、そこにあるICTと心の関わりについての考察」
2015年7月1〜4日 当研究所理事が国際学会で研究発表
学会名:5th INS/ASSBI Pacific Rim Conference Sydney 2015
開催地:シドニー
演題名:Augmentative and Alternative Communication (AAC) using Information and Communication Technology (ICT) which are available for the patients with aphasia and higher brain function disorders
発表者・共同研究者:Mari Higashikawa1,2, Yoshiaki Takahashi2, Madoka Harada3, Asako Yanai3, Mizuki Muramatsu4, Wakana Hata1, and Kazuo Hadano5,2
(Kitasato University1, Yui Life Communication Laboratory2,Eisei Hospital3, Eisei Clinic4, and Bukkyo University5)
2015年8月6日 東京都特別支援学校情報教育研究協議会によるICT機器活用セミナー 高橋宜盟
関連記事:『障害者教育でのICT活用、「指伝話」などの可能性  東京都特別支援学校情報教育研究協議会が講習』
(あなたの健康百科 by メディカルトリビューン)
2015年11月2日 臨床福祉専門学校 言語聴覚療法学科にて講義 高橋宜盟
AAC 〜臨床現場でのICT機器の活用〜
2016年1月15日 全国特別支援学校肢体不自由教育校長会 第三回代表者研究協議会にて講演 高橋宜盟
『解決 ゆび太郎! 最先端ではないけど最前線の使い方「あるテク」活用法』
2016年2月20日 第24回八王子言語聴覚士ネットワーク講演会にて講演 高橋宜盟
『みんなで知ろう STのためのちょっと進んだICT』
2016年2月22日 東京都立光明特別支援学校 保護者のコミュニケーション委員会主催の勉強会にて講義 松本亜砂子・高橋宜盟
2016年3月8日 言語聴覚士による失語症者のお出かけ企画「でかけ隊2016冬」に協力
2016年5月21〜22日 一般社団法人 ITヘルスケア学会 第10回記念学術大会にて一般演題発表
「重度障害者の社会参加の可能性 ~当事者の立場から~」城本大輔・高橋宜盟
「発話困難者または発話困難時のコミュニケーション方法の確立に向けた文字盤の開発」松本亜砂子・高橋宜盟
2016年6月10日 当研究所理事が共同研究者として研究発表
学会名:第17回日本言語聴覚学会
演題名:コミュニケーション障害に対応するICT活用の現状と展望-八王子言語聴覚士ネットワークの取り組み-
発表者:白波瀬元道 1,6 小泉智枝 2,6 小林千寿子 3,6 高橋宜盟 4,6 東川麻里 5,6
永生病院リハビリテーション部 1、北原国際病院リハビリテーション科 2、多摩丘陵病院言語聴覚療法科 3、結ライフコミュニケーション研究所 4、北里大学医療衛生学部 5、八王子言語聴覚士ネットワーク 6